美人の口説き方

美人の口説き方口説く方法についてです。

美人の口説き方
美人を口説きたいというのは、男性ならば誰もが持っている願望です。

 

美人の女性は、ガードが堅い、口説けない、相手にされないと思われがちですが、そんなことはありません。

 

美女限定の口説き方というものも存在します。この美人の口説き方をマスターすれば、こんな願望をかなえることができます。

 

自宅の隣の美人人妻を口説きたい

自宅の隣にとても可愛い人妻が住んでいるのですが、その人妻と関係を持ってみたい願望があります。きっかけは木造のアパートに住んでいるので、夜中に性行為中の声が聞こえてくることがあります。その際に結構淫語を言っていることがあり、性欲が強い女性なのかな?と勝手に想像し、私の中で妄想が掻き立てられます。
昼間性欲を我慢できずに、大胆にベランダでオナニーしている人妻をベランダの仕切り越しに目撃してしまいます。目が合って相手は驚きますが、オナニーは止めません。むしろこっちを見つつ、挑発するように続けているので、仕切り越えて隣の奥さんを襲います。初めはちょっと抵抗されますが、すぐに言いなりになってきます。むしろ途中からは奥さんから積極的に求められ、濃厚なエッチを展開していきます。そして定期的にお互いの家を行き来して、普段夫婦間では出来ないような刺激的なエッチをする関係になる、こんな願望を叶えてみたいです。

 

 

美人の彼女が欲しい

僕は今大学生なのですが、やはり高校のときに放課後の教室で美人の彼女といちゃいちゃしたりしたかったですね。同じ制服を着て夕暮れカーテン越しの夕日に照らされながら甘いひと時を過ごしてみたかったです(笑)

 

高校のときの恋人とは遠距離だったので会える回数も少なく制服で会うことすらありませんでした。当時はなにも思わなかったのですが、大学生になると高校生の制服がとても魅力的に感じますし放課後いちゃいちゃしてからそのまま夜送って帰るとかしてみたかったです。せっかく高校は自転車通学だったのに…

 

後は球技大会や文化祭を一緒に恋人と楽しんでみたりもしたかったです。これまたみんな帰ってからの教室でえっちなことを(笑)
ちなみに僕の陸上部の友人は大会で入賞してその後高校に戻って来て誰もいない部室で美人の彼女とえっちしたらしいです。今思えばうらやましいと思う話です(笑)"